2017/12/01 17:00

2017新語・流行語、年間大賞は2語に決定「インスタ映え」「忖度」

『2017 ユーキャン新語・流行語大賞』の年間大賞を受賞した「インスタ映え」 (C)ORICON NewS inc.
 その年話題となった新語・流行語を決定する年末恒例の『2017 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)が12月1日に発表され、「インスタ映え」と「忖度」の2語が年間大賞に決定した。そのほか、トップ10には「35億」「Jアラート」「睡眠負債」「ひふみん」「フェイクニュース」「プレミアムフライデー」「魔の2回生」「○○ファースト」が選ばれた。

【一覧表】2017年の流行語 大賞&トップテン

 年間大賞の「インスタ映え」は、写真共有SNSのインスタグラムに投稿するために写真にこだわる現象から生まれた言葉。同賞事務局は「2017年はインスタ映えの意識が一般に浸透した年だった」とし「かわいい誰かに変身したいという願いはいつの時代も女の子のみならず、人を夢中にさせる。インスタ映えは人類の永遠のテーマを叶えてくれる、スマホの向こうのおとぎの国のステージなのだ」と解説した。

 一方、「忖度」は、モリカケ問題をきっかけに「首相の気持ちに配慮した」を意味する言葉として、強く印象づけられた。同賞事務局は「森友学園の理事長が国会で発言した『そんたく』の言葉は、あっという間に日本を席巻した」と説明。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >