2017/11/11 21:14

AKBドラフト候補生72人決定 最年少は11歳 SKE矢作、NMB中野の妹も

『第3回AKB48グループ ドラフト会議 候補者オーディション』3次審査通過者をお披露目 (C)ORICON NewS inc.
 『第3回AKB48グループ ドラフト会議』に進出する候補者オーディションの3次審査が11日、都内で行われ、審査を受けた124人の中からドラフト候補生72人が決定した。SKE48矢作有紀奈(22)の妹・矢作萌夏さん(15)や、NMB48中野麗来(18)の妹・中野美来さん(14)も候補生となった。

【個別写真】三次審査通過者

 ドラフト会議は2013年11月に第1回、15年5月に第2回が行われ、各グループ/チームのメンバーが、候補者の中から必要な人材を指名した。第3回となる今年は、ファンが候補メンバーを指名することが発表されている。

 矢作さんは、審査過程の参考となるSHOWROOMの獲得ポイントで1位を獲得。「合格発表を終えて(AKB48の)16期生オーディションのときのリベンジができてうれしいです」と喜び、第1希望のグループは「お母さんとまだ相談していて決まっていないのですが、よろしくお願いします」とあいさつした。

 2位の中村舞さん(18)は「オーディションは30回以上受けてたくさん落ちてきました。まだスタートラインにも立てていないので、もっと努力して、スタートラインに立ってからが勝負だと思っています。どこに指名されても頑張る気持ちでいるので、どこにでも行きます」と思いを伝え、3位の安藤千伽奈さん(16)は「今年の総選挙で荻野由佳さんが『私をアイドルにしてくれてありがとう』と言ったNGTさんに入りたい」と目を輝かせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >