2017/11/21 12:20

アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の狙い キーパソンに聞く

アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』のキーパーソン(左から)瀬下寛之監督、声優の櫻井孝宏、静野孔文監督 (C)ORICON NewS inc.
 1954年に誕生した映画『ゴジラ』から昨年大ヒットした『シン・ゴジラ』まで、29作のゴジラ映画が作られてきたが、ついにシリーズ初のアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』(静野孔文監督・瀬下寛之監督)が公開された。

【場面カット】アニメのゴジラも迫力満点

■客席は往年のファン、アニメファン、声優ファンなどが混在

 今月2日、一般の観客向けに初めて上映された完成披露試写会の後、声優の櫻井孝宏がいみじくもこう言っていた。「壇上から客席を見て、アニメ作品の舞台あいさつではあまり見かけないご年配の男性がけっこういらっしゃっているな、と思いました。ずっとゴジラを観てきた往年のファンの方なのかな? 普段アニメの映画は観ないけど、ゴジラだから観てみようと思われたのかな? もちろん、アニメが好きな方、好きな声優さんが出ているから観に来たという方もいたと思うので、老若男女、幅広かったんです。さすがゴジラだな、と思いました」。

 本作の狙いはまさに、そこにあるようで…。瀬下監督が続ける。「歌舞伎をあえてニューヨークでミュージカル化するような感じかも知れません。特撮映画の『ゴジラ』には詳しくないけれど、アニメーションになじみ深い若い世代にも、ゴジラの魅力の一部を紹介し、新しい可能性を開拓する。それが、『GODZILLA 怪獣惑星』です」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >