2017/11/12 18:21

ドリカム・中村正人、水都大阪の魅力を力説「水側から見ると美しさが分かる」

御堂筋オータムパーティー2017『大阪・光の饗宴2017』開宴式で「点灯」と叫ぶ(左から)すみれ、中村正人、松井一郎大阪府知事、吉村洋文大阪市長 (C)ORICON NewS inc.
 人気ユニット・DREAMS COME TRUEの中村正人が12日、大阪市内で行われたイベント「御堂筋オータムパーティー」の『大阪・光の饗宴2017』開宴式に参加。『御堂筋イルミネーション』の点灯式を行った。

【写真】『御堂筋イルミネーション』

 2010年からスタートした大阪府とドリカムのコラボレーション企画『DREAMS COME TRUE WINTER FANTASIA 2017×中之島にぎわいの森』による「ドリカムツリー」の植樹も行っている。この日も植樹後に点灯式に参加し「きょうは5本目を植えました。大阪の水と光は素晴らしい。水側からも大阪を見てほしい。そうすると大阪の美しさが分かる」と大阪の魅力を力説。

 今年のツリーの意味合いを問われると「ひとりぼっちの人には、ひとりぼっちなりの幸せ。恋人たちには明るい未来が待ち受けているように。その思いを込めて植えさせていただきました」とアピールした。

 また、女優のすみれも参加した。直前に行われた『御堂筋ランウェイ』で封鎖された御堂筋を400メートル歩いたばかりのすみれは「思ったより長かった。皆さんが、途中であきてるんじゃないのかなって思いながら頑張った」と苦笑しつつも「皆さん、手を振ってくださった。温かく迎えてくれて楽しかった」と最後は笑顔を見せた。

 14年度に世界記録に認定された全長4キロの圧倒的スケールの『御堂筋イルミネーション』は12月31日まで開催される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >