2017/11/11 13:10

『フリンジマン』目標ができると人は変われる 意外と深い“愛人作り”

テレビ東京系土曜ドラマ24『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』第6話(11月11日放送)より。満島(淵上泰史)は愛人候補のキャバクラ嬢の江口カオリ(岸明日香)を誘えるか!?(C)テレビ東京
 10月スタートのテレビ東京系土曜ドラマ24『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』(毎週土曜 深0:20)は、“愛人”“不倫”を扱いながらも、『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ)や『あなたのことはそれほど』(TBS)といった女性目線の愛人ドラマとは一線を画する作品だ。

【場面写真】愛人候補のキャバクラ嬢を演じる岸明日香

 登場人物は主に、愛人が最大11人もいた通称「愛人教授(ラマン・プロフェッサー)」の井伏真澄(板尾創路)から、愛人の作り方を学び、実践する田斉(大東駿介)、満島(淵上泰史)、安吾(森田甘路)の3人。

 それなりの年齢になった大人の男たちが、本気で愛人を作ろうと奮闘する、そのためのHow Toドラマという触れ込みだったが、それを茶化したりしていないからこそ、ツッコミどころもあれば、ドキドキハラハラしながら観ることもできる。たとえそれが、“愛人作り”というものであっても、目標ができて行動すると、人は変われる。いままでやったことがないことをしたり、関わることのなく過ごしていたかもしれない人(愛人候補の女性など)や自分自身と向き合ったり、その結果、少しだけ成長していく姿が見られる痛快さもある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >