2017/11/11 22:06

加藤一二三、本人たっての希望で仕事復帰 胆石性急性胆のう炎で入院

テレビ収録で仕事復帰した加藤一二三
 胆石性急性胆のう炎と診断され、入院していた元将棋士・加藤一二三(77)が11日、テレビ収録で仕事復帰した。所属事務所のワタナベエンターテインメントが同日、発表した。

【写真】将棋盤の前でにっこり微笑む加藤一二三九段

 加藤は1日から痛みを訴え、2日に都内の病院で診察を受けたところ、胆石性急性胆のう炎と診断された。「出来る限り早い段階での手術が必要」という医師の判断により、そのまま手術を行い、無事に終了。その後、経過を見て仕事復帰のタイミングを図っていた。

 所属事務所は「2日に胆石性急性胆のう炎の手術を受けて以降、大事をとって1週間ほど入院しておりましたが、本日11月11日のテレビ収録より、本人たっての希望により仕事に復帰いたしました」と報告。術後については「良好」とし「引き続き通院を続けながら収録に参加し、少しずつ体を慣らしていく所存でございます」と発表した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >