2017/11/12 07:00

第3回AKBドラフト候補生72名が決定 最年少11歳は白間美瑠に憧れNMB48志望「AKB48のメンバーは分かりません」

『第3回AKB48グループ ドラフト会議』のドラフト候補に選ばれた、最年少11歳の塩月希依音さん(C)Deview
 アイドルグループAKB48が11日、『第3回AKB48グループ ドラフト会議 候補者オーディション』の三次審査通過者お披露目を、東京・芝浦スタジオで行った。三次審査に進出した124名の中から72名がドラフト候補生に決定した。

【写真】SHOWROOM配信1位の矢作萌夏さん

 2013年の第1回(AKB48川本紗矢、SKE48惣田紗莉渚らが輩出)、2015年の第2回(NGT48荻野由佳らが輩出)に続いて開催される「第3回AKB48グループ ドラフト会議」。AKB48グループのキャプテンや、リーダー、メンバーが候補生を指名する第1回、第2回のドラフト会議と異なり、各チームを代表するファンが協議し、ドラフト候補者の中から自分の応援するチームに必要な人材を指名し、新たなメンバーを決定するイベントとなる。

 今回の受験生は10月28日から11月7日までSHOWROOMで配信を実施。そのポイントランキングは直接的に審査には加味されないが、すでにファンを持っているという意味では大きなアドバンテージ。ランキング1位となったのは、SKE48・矢作有紀奈の実妹・矢作萌夏さん、15歳。合格の感想を聞かれ、「16期生オーディションのときのリベンジができてうれしいです」と回答。希望グループは「お母さんとまだ相談していて決まっていないのですが、よろしくお願いします」とコメントした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >