2017/11/15 05:00

『HERO』『龍馬伝』の福田靖氏、朝ドラ初挑戦も「遊び心を忘れずに」

平成30年度後期連続テレビ小説『まんぷく』の脚本を担当する福田靖氏 (C)NHK
 NHK大阪放送局で14日、放送中の『わろてんか』(月~土 前8:00)、次作『半分、青い。』(2018年4月2日スタート)に続く、第99作(大阪放送局制作としては42作目)となる2018年度後期連続テレビ小説『まんぷく』の制作発表会見が行われ、脚本を担当する福田靖氏が出席した。

【次期朝ドラ】天真らんまんさ全開!笑顔で撮影に臨む永野芽郁

 福田氏は、2001年のテレビドラマ『HERO』(フジテレビ)で一躍話題になり、その後も『海猿』シリーズや『ガリレオ』シリーズ、NHK大河ドラマ『龍馬伝』(2010年)など手がけてきたヒットメーカー。

 会見では「脚本家になって22年ですが、とうとう“朝ドラ”の脚本を書く日が来てしまいました。プロデューサーから最初に『“朝ドラ”はマラソンじゃありませんよ。151本の100メートルダッシュです』と聞きまして、これは大変だと。体力、気力をあらん限り振り絞って書かなければならないと覚悟しました」と気を張り、「僕自身が楽しんで、遊び心を忘れずにおもしろいエンターテインメントを届けたい」と意気込んでいた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >