2017/11/16 06:00

フジ『ザ・ノンフィクション』渾身作「人殺しの息子と呼ばれて…」 チーフPが明かす放送までの葛藤と反響

大きな話題となったフジテレビ系『ザ・ノンフィクション』の「人殺しの息子と呼ばれて…」 (C)フジテレビ
 平穏な日曜の昼間に不釣り合いな、息をのむような映像だった。先月15日と22日の2週にわたって放送された、フジテレビ系ドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜 後2:00※関東ローカル)の「人殺しの息子と呼ばれて…」。2002年に発覚した北九州連続監禁殺人事件の犯人の息子(24歳)が、初めてメディアのインタビューに応じ事件についてありのままを語った衝撃的な内容で、約7年半ぶりの2ケタとなる番組平均視聴率10.0%を獲得した(22日放送分 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。インタビューが実現するまでの経緯と放送後の反響を、同番組の張江泰之チーフプロデューサーに聞いた。

【インタビュー中編】番組の狙いを語った張江泰之チーフP

■息子の覚悟に芽生えた決意 インタビュー時に感じた“変化”とは?

 関係ができたきっかけは、同局で6月に放送された特番『追跡!平成オンナの大事件』で監禁殺人事件を扱ったことだった。同番組の放送後、息子から抗議の電話が局に寄せられ、張江氏が責任者として応対した。「視聴者の方の声に、担当者が責任を持って対応するのは局内で共有されているので、よくあることなのですが…(息子は)とても冷静に話をする青年で『今回の特番によって、自分は傷ついている』ということは伝わってくるのですが、こちらに何を求めているのか全くわからなかった」。とことん向き合うと決め、自身の携帯電話の番号を教えて、連日2時間の長電話を行った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >

おすすめキャンペーン