2017/11/21 16:05

井上真央&仲間由紀恵、直接対決シーン振り返る

関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』に出演する井上真央、仲間由紀恵 (C)関西テレビ
 女優の井上真央が主演する関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』(毎週火曜 後10:00)第6話が21日に放送され、井上演じる高校のスクールカウンセラーの主人公・日向がついに謎の死を遂げた男子生徒の母・真紀子(仲間由紀恵)と直接対決する。井上は「日向はずっと誰かの話を通して『真紀子は何を考えているんだろう』『何をしたいんだろう』と思っていたので、ようやく1対1のシーンが出てきたなという感じですね」と緊迫のシーンを振り返った。

【写真】井上真央VS仲間由紀恵がついに対峙

 日向がその死の謎を究明しようとしている吉岡圭吾(遠藤健慎)の母である真紀子は不登校だった圭吾に日向が接触したことや、学校内でのいじめが圭吾の死の原因だと考え、マスコミや弁護士をも巻き込んで日向らを攻撃。中でも、死の直前に日向と圭吾が体育館で話し込んでいた内容が気になって仕方がない。もちろん、日向が圭吾から告白されていたとは知らず…。対する日向は、真紀子による圭吾への干渉や束縛が激しく、心理的に大きな負担を生じさせていたと考え、多くの悪評も耳にしていた。そんななか突然、真紀子が高校に乗り込んでくる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >