2017/11/22 05:00

北村匠海、眞島秀和と“同性カップル”挑戦「全てをぶつけていきます!」

フジテレビ2018年1月期木曜劇場『隣の家族は青く見える』に出演する(左から)北村匠海、眞島秀和
 俳優の北村匠海が、来年1月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『隣の家族は青く見える』(毎週木曜 後10:00)に出演することわかった。主演の深田恭子と松山ケンイチが演じる妊活に励む主人公夫婦の隣近所の住人として、眞島秀和とともに“同性カップル”として登場する。このほか“虚栄心の強い専業主婦と失業夫”に真飛聖と野間口徹が起用された。

【写真】妊活に向き合う夫婦を演じる深田恭子&松山ケンイチ

 オリジナルストーリーの同ドラマは、様々な家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる集合住宅“コーポラティブハウス”を舞台に、そこで暮らす各家族の秘密が徐々に暴かれていく。主人公の五十嵐奈々(深田)とその夫・五十嵐大器(松山)は“子供が欲しいカップル”。二人の他に“子供が欲しくない女性とバツイチ男性のカップル”には平山浩行&高橋メアリージュンが決定している。

 眞島が演じる一級建築士の広瀬渉は、このコーポラティブハウスを設計した本人で、自身も自分好みにデザインした部屋を購入して住むことに。しかし渉は、自分がゲイであることを隠しながら生活していた。そんな渉と知り合い、付き合うことになるのが、北村演じる青木朔。朔はある日突然、渉の部屋に転がり込んでくる。関係を隠したい渉は、他の住人には“甥”と嘘をついて同居を始めることとなる。

 同性カップル役に挑む北村は「チャレンジングな役なので、全力で挑んでいこうと思います」とやる気十分で「役に染まり、作品に染まり、微力ながら鮮やかな花を添えられるように北村の全てをぶつけていきます!」と全力投球を誓う。そんな北村の相手役を務める眞島は「今回、役者としてやりがいのある役を頂いて、大変光栄に思っております。今まであまり演じることがなかった役柄なので、現場に行くのが楽しみです」とクランクインを心待ちにした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >