2017/11/24 08:40

傍若無人の野性爆弾・くっきーが“テレビサイズ”に収まったワケとは?

“グロテスクな笑い”を作り出す野性爆弾・くっきー (C)ORICON NewS inc.
 最近、テレビでお笑いコンビ・野生爆弾のくっきーを目にする機会が多くなった。身長180センチ・体重80キロのゴツい肉体にどこかアブない目つき、その言動自体も“不穏”そのもの。実際、視聴者によって“好き・きらいが分かれる”キャラクターであり、ファンからでさえも「テレビ向きじゃないかも!?」などとささやかれてきた。だが、今では多数のバラエティ番組で、無くてはならない“飛び道具”的な役割を担い、その存在感を高めている。“お茶の間”の笑いと対極に位置するような芸人が、なぜテレビサイズに収まることができたのか?

【写真】くっきー作「雨上がり決死隊の激似(?)物まね写真」

◆よくわからないけど面白い…深い芸術性の中にあるくっきーの笑い

 現在41歳のくっきーは、2015年の9月までは本名の川島邦裕で活動。得意技は顔モノマネで、トランプ大統領からX JAPANのToshl、先輩芸人の宮迫博之、蛍原徹、松本人志、そしてローラ、きゃりーぱみゅぱみゅなど、性別やジャンルを超えた顔マネを白塗りメイクで行なっており、たしかに似ているのだが、子どもが見たら泣き出しそうな怖さも同時に持ち合わせている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >