2017/11/24 08:10

アミューズ・大里会長、訪日観光客の誘致には「舞台芸術の集積地が必要」

『WA!! -Wonder Japan Experience フエルサ ブルータ』を展開する、アミューズ 代表取締役会長 大里洋吉氏 (C)oricon ME inc.
 今夏、東京・品川ステラボールで開幕した『WA!! -Wonder Japan Experience フエルサ ブルータ』のロングランが決定した。それに伴いタイトル、内容、価格も刷新。12月14日より新たな幕が上がる。同公演は、サザンオールスターズ、福山雅治などが所属する大手芸能事務所であり、多面的なビジネス展開を行うアミューズの40周年記念事業にも位置づけられる。同社会長の大里洋吉氏に同公演に懸ける想いを聞いた。

【写真】キャストに手が届きそう…「フエルサ ブルータ WA!!」公演の模様

◆「フエルサ ブルータ WA!!」ロングラン決定、常識を突き破ったステージがさらに進化

 世界で500万人以上が熱狂しているパフォーミングアーツ『フエルサ ブルータ』の最新作が東京で世界初公開され、すでに10万人を超える来場者を記録。大きな反響を受け、12月14日からはタイトル、価格、内容をリニューアルし、ロングラン公演が決定した。

 アルゼンチンで生まれたこのパフォーマンスショーは固定の“舞台”がなく、演者は前後左右、上下、さまざまな場所から突如現れ、オーディエンスの間近で、大量の紙吹雪やフロアにまで流れ落ちる水しぶきの中で、躍動的な演目を次々と披露していく。それはまさに“驚き”の連続。そして、この注目のプログラムの新作“WA!!”の世界初公開を実現させた立役者の1人がアミューズ代表取締役会長の大里洋吉氏だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >