2017/11/25 23:00

夢と現実…櫻井“校長”、生徒の将来に葛藤 『先に生まれただけの僕』第8話予告

日本テレビ系連続ドラマ『先に生まれただけの僕』(毎週土曜 後10:00)第8話場面カット (C)日本テレビ
 人気グループ・嵐の櫻井翔が主演する日本テレビ系連続ドラマ『先に生まれただけの僕』(毎週土曜 後10:00)第8話が2日に放送される。これまでなんとか学校改革を進めてきた35歳の校長先生こと主人公・鳴海涼介(櫻井)だが、今度は棋士の夢を追う男子生徒とその将来を心配する父親との対立に頭を悩ませることとなる。鳴海校長が導き出した答えとは。一方、婚約者の聡子(多部未華子)との間に問題が生じてしまう。

【写真】教師役の瀬戸康史&蒼井優

 鳴海は教師のちひろ(蒼井優)から、2年3組の生徒・達也(伊能佑之介)の成績が急降下し、父親の大和田(升毅)が激怒していると聞かされる。達也の成績が落ちたのは学校の責任と決めつけて、聞く耳を持たない大和田だったが、実は達也は、プロ棋士を目指して勉強そっちのけで将棋に没頭していたのだ。

 アマチュアとしてはかなりの実力を持つ達也は父の猛反対にも固い意思をみせる。しかし、中学生から活躍する棋士がいる将棋の世界では、達也が考えているコースでプロになれる確率はゼロに近いという。

 一方、ロンドン出張中の聡子は鳴海に電話をするが鳴海のそっけない態度をとられてしまう。そんななか、かねてから彼女に好意を抱く同僚の後藤田(平山浩行)から「鳴海との婚約を解消して俺と付き合おう」と言い寄られる。

 現実的に息子の将来を案じる父と、純粋に夢を追う息子の対立を、鳴海はどう解決するのか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >