2017/11/28 05:00

小芝風花、『新・ミナミの帝王』千原ジュニアとにらみ合い「迫力がすごかった」

2018年1月13日放送、第15作『新・ミナミの帝王~ニンベンの女~』に出演する小芝風花(C)カンテレ
 カンテレ制作、お笑いタレント・千原ジュニア主演のドラマシリーズ『新・ミナミの帝王』の新作2本が年明け早々に放送される(関西ローカル)。1月6日に第14作「得する離婚、損する離婚」、翌週13日に第15作「ニンベンの女」。第15作に出演する女優の小芝風花が28日、大阪市内で取材に応じ、ジュニアと共演した感想などを語った。

【写真】共演の千原ジュニアと大東駿介

 同ドラマは、『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)で連載中の天王寺大氏の漫画『難波金融伝・ミナミの帝王』が原作。ジュニアを主演にドラマ化し、2010年からこれまでに13作品が放送され、平均視聴率8.3%(ビデオリサーチ調べ、関西地区)を記録している。

 ジュニアが演じる大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎は、貸し倒れ(貸した金を回収できなくなること)にあったことがないのが自慢で、借金はどんな手を使ってでも取り立てることから「ミナミの鬼」と恐れられている。そんな銀次郎が、依頼人が借金せざるを得なくなった問題に切り込んでいくヒューマンドラマ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >