2017/11/29 14:52

橋本愛、『あまちゃん』宮藤官九郎と再タッグで成長誓う「新しい風に乗っていけたら」

2019年大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』の出演者発表会見に出席した橋本愛 (C)ORICON NewS inc.
 女優の橋本愛(21)が29日、NHKで行われた2019年大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』出演者発表会に出席。同作では、浅草の遊女・小梅を演じるが、橋本といえば、2013年上期に放送された朝ドラ『あまちゃん』でメインキャストを演じて脚光を浴びた。今回の大河でも同じ脚本・宮藤官九郎が手がけるとあって「数年経ってちょっとは視野も広くなっていると思うので、その視野で宮藤さんの脚本を観た時にどんな世界が映るんだろうとすごく楽しみ。新しい風に乗っていけたら」と成長を誓った。

【全体ショット】森山未來、神木隆之介、川栄李奈ら新たな出演者

 前半・中村勘九郎、後半・阿部サダヲ主演によるリレー形式で送る同ドラマは、勘九朗演じるオリンピックに初参加した男“金栗四三”(かなくり・しそう)と阿部演じる“オリンピックを呼んだ男”田畑政治(たばた・まさじ)を主人公に1912年の「ストックホルム」、36年「ベルリン」、64年「東京」までの3大会を中心に知られざるオリンピックの歴史と激動の52年間を描く。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >