2017/11/30 14:36

「ジブリは映画を作り続ける。」鈴木敏夫プロデューサー、改めて再始動を宣言

スタジオジブリの宮崎駿監督(左)と宮崎吾朗監督(右) (C)ORICON NewS inc.
 スタジオジブリで現在、2本の長編制作が同時進行中であることがわかった。1本は、引退を撤回した宮崎駿監督(76)の手描きアニメーションでタイトルは『君たちはどう生きるか』。もう1本は、駿氏の息子、宮崎吾朗氏(50)が監督を務めるCGアニメーション。さらに駿監督とは、その次を企画中であることを鈴木敏夫プロデューサー(69)が明かし、「ジブリは映画を作り続ける。」と、改めて「ジブリ再始動!」を宣言している。

【写真】『食べるを描く。』展示室の様子

 今月28日付役員人事のあいさつ状とともに、鈴木プロデューサーは「ご挨拶」と題した文書を寄せ、2013年9月に駿氏が引退表明から撤回までのいきさつ、再始動に向けた覚悟をつづっている。

 それによると、駿氏の引退表明を受けて、ジブリの制作部門を解散したものの、それから「たった、たったの二年で、心が変わった」と明かし、「おい、おい、そりゃ無いぜ~と思ったが、すでに時遅し。二十分ぶんの絵コンテを用意したので、それを見て欲しい。これまでにない真剣な表情で、そう言われた」と、駿氏が引退を撤回した時のことを振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >