2017/12/04 23:07

初登場1位は『鋼の錬金術師』、2位は『探偵はBARにいる3』

映画『鋼の錬金術師』初登場1位を獲得(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会
 12月2日・3日の映画動員ランキング(興行通信社調べ)は、荒川弘氏の人気漫画を実写化した『鋼の錬金術師』が、土日2日間で動員19万1200人、興行収入2億6400万円をあげ初登場1位を飾った。公開初日は12月1日の「映画の日」で、3日間の累計は動員29万1000人、興収3億7300万円だった。

【映画ランキング】そのほかの作品ビジュアル

 主演は、Hey!Say!JUMPの山田涼介、共演に本田翼、ディーン・フジオカほか。監督は『ピンポン』の曽利文彦氏。原作コミックスの発行部数は世界累計7000万部超、テレビアニメ化もされて海外での人気も高いことから、邦画としては異例ともいえる全米・ヨーロッパを含めた世界190ヶ国以上での公開が決定している。

 2位には、大泉洋と松田龍平のコンビによるシリーズ最新作『探偵はBARにいる3』が初登場。土日2日間で動員11万600人、興収1億4900万円をあげた。この作品も12月1日が初日で、3日間の累計は動員16万7500人、興収2億770万円。初日からの動員数3日間合計では過去2作品を上回る順調な滑り出し。シリーズ初のお正月シーズンでの公開ということもあり、配給元の東映ではシリーズ最高の大ヒットを見込んでいる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >