2017/12/06 20:28

『スター・ウォーズ』マーク・ハミル、R2-D2に抱きつきファン歓喜

R2-D2に抱きつくマーク・ハミル (C)ORICON NewS inc.
 東京・六本木ヒルズアリーナで6日、世界的人気の映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)のレッドカーペット・イベントが開催された。映画のプロモーションのために、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、カイロ・レン役のアダム・ドライバー、ライアン・ジョンソン監督、キャスリーン・ケネディ氏(プロデューサー/ルーカスフィルム社長)らが来日。約1000人(公式発表)のファンが集結した。

【動画】マーク・ハミル、相棒・R2-D2に抱きつき

 午後5時過ぎからほぼ予定どおりの段取りで、最初にマークが会場に姿を現した。テレビ局やWEB動画の取材とファンサービスに応じること小一時間。最後に会場入りしたアダムの方が先にバックヤードに戻ってしまったくらい長時間、66歳のマークがレッドカーペットをにぎわせた。

 ステージイベントでは、「コンバンワ、ジャパン」「日本の皆さんはどこの国の人より熱心にスター・ウォーズを支えてくれる。皆さん一人ひとりにフォースがあらんことを。アリガトウゴザイマス」などと日本語を交えてあいさつ。高校時代の2年間、米海軍勤務の父とともに日本の横須賀基地内で暮らし、横浜のインターナショナルスクールに通っていたことに自ら触れ、「日本は特別な場所。東京や京都にも遊びに行ったし、いろんなところに行きました。磐梯山でスキーもした。もっと日本語がうまく話せていたら、そのまま日本で俳優をしていたと思う」と語ってファンを喜ばせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >