2017/12/07 08:10

“お正月映画”がなくなった? 求められる年末年始の風物詩

好スタートを切った2018年お正月映画『探偵はBARにいる3』(C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会
 師走に入り、年末年始が近づくなかエンタテインメントシーンを振り返ると、音楽は年末といえば各地で行われる恒例のカウントダウンライブ。テレビは大晦日のNHK紅白歌合戦や新年の箱根駅伝などがすぐに思い浮かぶ。ところが、映画はどうだろうか。冬の“お正月映画”がいつのまにかなくなってしまったように感じられる。

【写真】妖艶さで異彩を放つ松雪泰子のハガレン衣装姿

◆映画会社の大作編成は今も昔も変わらない

 しかし、映画会社にとってのお正月興行は、春休み、GW、夏休みに続く重要な興行シーズンであり、さらに年始のヒットで景気よくその年に勢いをつけたいこともあり、今も昔も変わらず、それぞれの映画会社の大作、話題作がお正月映画として編成されている。

 今年でいえば、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『ジャスティス・リーグ』『鋼の錬金術師』『探偵はBARにいる3』『オリエント急行殺人事件』『DESTINY 鎌倉ものがたり』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』などがそうだ。また、過去の年間映画興行ランキングを見れば、上位に正月興行の作品が多数入っており、ヒット作が生まれていることもわかる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >