2017/12/27 19:18

安西慎太郎×辻本祐樹がW主演を務める、時代劇版“異種格闘技”『る年祭』公開舞台稽古

『ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭』でW主演を務める辻本祐樹(右)と安西慎太郎(左)撮影/宮川舞子
 2017年12月28日から明治座で上演される『ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭』。初日公演に先駆けて、前日の27日に同所にて公開舞台稽古が行われ、W主演を務める安西慎太郎と辻本祐樹の二人から開幕直前コメントが届いた。

【写真】「る年祭」公開舞台稽古の模様

 2011年より、演劇製作会社「る・ひまわり」と、創業140年を超える老舗大劇場の「明治座」がタッグを組み上演されてきた本シリーズでは、様々なフィールドで活躍する俳優たちが集結し、忠臣蔵・源義経・阿弖流為など、歴史的にも有名な人物や物語をもとに、笑いあり、歌あり、踊りあり、涙ありの歴史エンターテインメント作品を上演。さらに、舞台上でそれぞれの代表作や特技を持ちネタ化したようなパロディなど、盛りだくさんな内容を詰め込んだ時代劇版“異種格闘技”舞台を作り上げてきた。

 最新作となる今回は、第一部のお芝居は『SANADAMA・る』と題して、真田幸村や真田十勇士が戦う「大坂夏の陣」を、仙台藩伊達氏家臣・片倉重長(安西)と、隻眼の仙台藩藩主・伊達政宗(辻村)目線で描く。第二部のショー『プロデュース1615』では、出演者がユニットを組み、オリジナル曲を歌って踊るショーが繰り広げられる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気のおけない仲間と過ごすと、いい刺激がありそう。未来を開く...もっと見る >