2017/12/29 10:00

【コミケ93】『冬コミ』開幕 主催者に聞く「コミケ参加者ルール」と「東京五輪会場問題」

開幕した『コミックマーケト93』。“美しい待機列”は運営スタッフの努力と、参加者のモラルによるもの (C)oricon ME inc.
 世界最大規模の同人誌即売会『コミックマーケット93』(C93)が29日、東京ビッグサイトで開幕した。昨年の『冬コミ』(C91)は3日間で計55万人(コミックマーケット準備会発表)が来場した同イベントだが、今年は29日と30日が晴れ、31日も弱雨と予報されており、例年通りの来場者が予想される。実際、この日も始発から大勢のファンが日本全国から駆けつけ、ビックサイト周辺は熱気溢れる人々で盛り上がっている。一方で、沸き返る来場者の裏で、会場警備や列整理などを務める数千人の“ボランティア”スタッフの活躍があるのも事実。そこで、登録ベースで3100人ものボランティアをまとめるコミックマーケット準備会の担当者に、コミケ参加者の“ルール問題”や、東京五輪で“ビッグサイト使えない問題”の進捗を聞いた。

【写真】『コミケ93』大きな瞳が魅力的なコンパニオン発見 美女レイヤーまとめ

■“表現の可能性”を追求するため、ルールはなるべく少なく

 ボランティアスタッフによる誘導の元、整然と並ぶ待機列の美しさは特筆。その“日本でもっとも美しい待機列”について「それは、ビッグサイトで培われた20年の歴史。つまり、先輩から引き継いだノウハウのおかげです」と語るのは同準備会・共同代表の市川孝一氏。また、参加者たちが作りだした“モラル”や“気遣い”によってコミケ運営が成り立っているとも。最後尾の人がボードを持つ、日傘はささない、などはルールなのかと聞くと「それは参加者のモラルや心遣いに関わる問題かと思います。日傘などは、それを必要とする方もいるので、杓子定規になることなくお互いに気を配り合ってほしい」と市川氏。何より、“コミケのルールは少なくあるべき”と話す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >