2018/01/04 18:39

吉永小百合、5年ぶり生歌披露 小椋佳、岸部一徳らと映画主題歌を熱唱

約5年ぶりに生歌唱した吉永小百合 (C)ORICON NewS inc.
 女優の吉永小百合(72)が4日、都内で行われた映画『北の桜守』完成披露舞台あいさつに登壇。小椋佳(73)が作詞・作曲を手がけた同作の主題歌「花、闌(たけなわ)の時」を小椋、岸部一徳(70)らとともに2000人の観客の前で生歌唱した。吉永が公の場で歌唱を披露するのは、2012年10月2日に行われた『北のカナリアたち』完成披露以来、約5年ぶりとなった。

【写真】生歌唱を笑顔で聴き入った堺雅人&篠原涼子

 舞台あいさつ前に行われた会見で、吉永は岸部との歌唱に「(ザ・タイガースの)サリーさんとご一緒できる機会はめったにないので、とても楽しみです」とにっこり。一方の岸部も「歌詞の覚えが悪いので、この正月はそれを覚えることにほとんど費やしていました。吉永さんとコーラスで並んで歌えるなんて、夢みたいです」と期待をふくらませていた。

 その後の舞台あいさつでは、まずは小椋と仙石みなみ、99RadioService(ナインナインレディオサービス)のHoriuchi Kohei、Bitter&Sweetの田崎あさひ、長谷川萌美が主題歌の1番を歌唱。2番から吉永と岸部が登場し、桜の木をバックにしっとりと歌い上げると、会場からはひときわ大きな拍手が送られていた。

 同作は『北の零年』(05年)、『北のカナリアたち』に続く“北の3部作”の最終章。戦後の貧しさと飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生き抜いた親子が、十数年の空白を経て再会し、失われた記憶をめぐる旅を描く。

 舞台あいさつにはそのほか、篠原涼子、滝田洋二郎監督も登壇。同作は、3月10日より公開される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >