2018/01/09 13:30

ホリエモン『R-1』1回戦で過去の騒動ネタに 出場理由は若手芸人に道示すため

『R-1ぐらんぷり2018』1回戦後の囲み取材に応じた堀江貴文 (C)ORICON NewS inc.
 “ホリエモン”こと実業家の堀江貴文氏(45)が9日、東京・新宿のシアターブラッツで行われた“ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2018』1回戦に出場。プロ野球・近鉄やフジテレビの買収計画など過去の騒動を全てネタに盛り込み、大きな笑いを獲得した。

【写真】ネタを披露する堀江貴文

 『ドラえもん』の、のび太をイメージしたという衣装でホリエモンが登場すると会場には笑いが。R-1決勝常連のエハラマサヒロがブレーンとなり、小学校の作文コンクールという設定で大人になって球団やフジテレビを「買いたい」と夢を語るネタで笑いを巻き起こした。

 終了後に囲み取材に応じた堀江氏は「初めての経験なので、ミュージカルの初演のときぐらい緊張した」と苦笑い。手応えについては「一応、笑いのポイントで笑いが出たので、とりあえず安心した」と笑顔を見せた。ネタに関しては「身を削ってます」と言い切ったが「人の何十倍も身を削ってるんですけど体重は全然、変わらない」とジョークを飛ばした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >