2018/01/13 08:10

SKE48センター・小畑優奈が語る10周年の重圧「これまでとは違うものを求められている」

2作連続でセンターを務めたSKE48の小畑優奈(写真:川田洋司)
 アイドルグループ・SKE48が、2018年に10周を迎え、その記念すべき第1弾シングル「無意識の色」が、1月10日に発売された。前作「意外にマンゴー」でセンターポジションに抜擢された小畑優奈が、2作連続で務める。これまで、主に松井珠理奈が務めてきた同ポジションを10周年という節目に受け継いだ、弱冠15歳の小畑に今の率直な気持ちを聞いた。

【写真】笑顔がひかるSKE48のセンター・小畑優奈

◆自覚をしっかり持って、センターを務める期間を大事にしないといけない

──まずはSKE48の10周年イヤー第1弾シングル「無意識の色」で2作連続センターを務めることについて、率直な感想を聞かせてください。
【小畑】 前作とはまた違うプレッシャーがありますね。やっぱり10周年の第1弾ソングだから(松井)珠理奈さんがセンターなのかなってイメージしてたし、そのほうがふさわしいって言う方もいると思うんですよ。だけど私がセンターを務めることになり、SKE48として、私自身としても、これまでとは違うものを求められているのかなと感じました。センターというのはSKE48の顔になるってことだし、その自覚をしっかり持って、ここに立っている期間を大事にしないといけないなと思っています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >