2018/01/26 04:00

【17年10月期 コンフィデンス・ドラマ賞】『明日の約束』で“毒親”好演、手塚理美が「助演女優賞」受賞

『明日の約束』で“毒親”を好演した手塚理美 (C)関西テレビ
 オリコンのグループ会社・oricon ME発行のエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が、17年10月期(第10回)の結果を発表。「助演女優賞」は、さまざまな社会問題を投影したヒューマンミステリー『明日の約束』で、主人公の母親であり“毒親”の尚子役を巧みに演じた手塚理美が受賞した。

【動画コメント】手塚理美、撮影現場では娘役・井上真央と口聞かず!?

 手塚は、突如豹変し娘を罵ったり、カゴに入れて飼育する鳥・ピッピをまるで娘に見立てるようにして話しかけたりと、ヒステリックな母親を好演。毎話ラストに登場する娘へ宛てた日記での「(言うことは)必ず守るように。ママは日向のことが大好きです」というナレーションは視聴者を震撼させ、実際の世の中でも起きている毒親問題をわかりやすく浮かび上がらせた。物語は、日向が赴任する高校で起きた、生徒の不可解な死の謎の究明がベースとなったが、日向と尚子とのやり取りは実にスリリングで、大いに展開を引っ張った。なお、手塚の受賞コメントは以下の通り。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >