2018/01/29 10:00

知念侑李、『坂道のアポロン』撮影秘話を語る ピアノ演奏は“目で覚えた”

知念侑李が映画『坂道のアポロン』のピアノがシーンについて語った (C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会(C)2008 小玉ユキ/小学館
 人気グループ・Hey! Say! JUMPの知念侑李が単独初主演を務める映画『坂道のアポロン』(三木孝浩監督 3月10日公開)。ジャズの魅力に目覚める主人公を演じた知念は、本格的なピアノ演奏初挑戦。劇中では難易度の高い演奏シーンも多数登場する。

【動画】ピアノ演奏シーンも登場 映画『坂道のアポロン』予告編

 原作は、小玉ユキ氏により『月刊flowers』(小学館)にて連載された漫画。アニメ化でも音楽シーンの完成度の高さなどで話題を呼んだ。映画版では、知念のほか中川大志、小松菜奈らが出演する。

 知念が演じるのは、医学部を目指す秀才肌の高校生・西見薫。転校により孤独を感じていたが、クラスメイトの川渕千太郎(中川)や迎律子(小松)と出会い、“一生もの”の友情と恋を知る…という役柄だ。千太郎を通じてジャズの魅力に目覚め、ピアノに打ち込んでいく姿も描かれ、千太郎との男同士の友情、そして迫力あふれるドラムとピアノのセッションは、同作の大きな見どころの一つとなる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >