2018/01/29 19:45

中山優馬、同い年・福士蒼汰“兄っぷり”に脱帽 監督はイチャイチャ禁止令出す

中山優馬が福士蒼汰の“アニキっぷり”に脱帽 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の中山優馬が29日、都内で映画『曇天に笑う』(3月21日公開)の完成披露舞台あいさつに参加。兄役を務めた福士蒼汰の“アニキっぷり”に脱帽した。

【全身ショット】和服姿で登場した福士蒼汰らキャスト

 3兄弟の長男役を務め上げた福士だが「共通点は実はあまりない。姉が2人いて女性きょうだいの中で育った。弟がいることも考えられなかった」と振り返った。福士が不安を抱えてのスタートだったが、中山は「お兄ちゃんでした」ときっぱり。

 続けて「背も高いし、かっこいい。同い年なので、どうなるのかなって思っていたんですけど初めて本読みでお会いしたときに『アニキ』っていうぐらい、すんなり受け入れられました」と初対面で着いていく決心を固めたことを明かし、会場を沸かせた。また、MCの奥浜レイラから「それは身長以外でも」と今やおなじみとなった“低身長イジり”をされたが、中山は「もちろんです」と笑顔で返して笑わせていた。

 そんな中山にはかっこよすぎるクレームも。重さ2キロもある斬馬刀を扱う高峯誠一郎役の大東駿介は取り回しの難しさを力説。しかし、直後に「NGを何回も出したら、優馬くんが僕の刀を使って的に当てるというところを1発で決めはった。ものすごく切なかった…。あれはホンマに止めてほしかった」と肩を落としていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >