2018/01/30 16:10

ライダー映画で異例イベント 三部作リレー形式での“舞台あいさつ”「新鮮です!」

(前列左から)小野塚勇人、岩永徹也、松本享恭、瀬戸利樹、松田るか、甲斐翔真(後列左から)鈴村展弘監督、柳ゆり菜、貴水博之、黒崎レイナ、町井祥真 (C)ORICON NewS inc.
 Vシネマ『仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング』完成披露上映会後の舞台あいさつが30日、都内で行われた。今回、三部作として上映されていくことを踏まえて、この日のイベントでは最初にキャスト全員による写真撮影を実施。その後、作品ごとに計3回にわたって舞台あいさつを行うという異例の展開で会場を沸かせた。

【動画】岩永徹也、前張りはがれて「もう怖いものはない」

 ゲームと医療で人々を救ってきた『仮面ライダーエグゼイド』が三部作のVシネマになって復活。劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』から2年後の世界を舞台に、テレビシリーズでは語られなかった3つの連なったエピソードが描かれる。

 この日の舞台あいさつで、最初に登壇したのは2月3日から公開されるPart I『仮面ライダーブレイブ&スナイプ』に出演する瀬戸利樹、松本享恭、黒崎レイナ、鈴村展弘監督の4人。ほかの2作品に出演したキャスト陣は、客席で待機しつつ「ヒュー」などとイジりながら積極的に参加。これには瀬戸と松本もたまらず「スゴい、やりづらいな!」と照れ笑いを浮かべながら抗議した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >