2018/01/31 14:09

80歳・伊東四朗、三宅裕司とコントライブ「メモリアルにしたかった」

コントライブで共演する(左から)伊東四朗、三宅裕司 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の伊東四朗(80)、三宅裕司(66)が1月31日、東京・紀伊国屋サザンシアター TAKASHIMAYAで『伊東四朗 魔がさした記念コントライブ「死ぬか生きるか!」』の公開舞台けいこに参加。囲み取材では、伊東があすの初日を前に「あと10日くらい本番を延ばしてほしい」と不安を漏らしつつ、「80歳でコントをやった人はいないんじゃないかな。自分のメモリアルにしたかった」と胸を張った。

【写真】ポスターには制服姿の伊東四朗

 2人が8年ぶりに舞台共演する同コントライブでは、1984年の番組『いい加減にします!』で2人の出合いとなった作品「法廷の攻防」を今回のために伊東自ら新たに書き上げたものや、歌好きの伊東と音楽好きの三宅ならではの作品など、全部で5本を披露する。コントの間には伊東の次男・伊東孝明が語りべとなり、「伊東四朗・80年の人生」を紹介する。

 「メモリアルにしたかった」という伊東に対して、三宅が「80歳でメモリアルという言葉を使う人もいないですけれどね」とツッコミを入れるなど、舞台外でも息の合った掛け合いを見せた2人。伊東が「(三宅は)絶対に何を言っても拾ってくれる。本当にボケたやつもね」と信頼を寄せると、三宅も「お客さんに対してわかりやすく一緒に笑える笑いを追求する伊東さんの姿勢は、昔から変わっていない。この歳になっても一緒にできるのはうれしい」と笑顔を見せていた。

 『伊東四朗 魔がさした記念コントライブ「死ぬか生きるか!」』は同所にて2月1~18日まで開催。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >