2018/02/01 14:16

野沢雅子、目玉おやじ役に感慨「長年経ってお父さんに」 『鬼太郎』ヒット祈願

アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』ヒット祈願する主要キャストら(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
 4月1日からフジテレビ系で放送されるテレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(毎週日曜 前9:00~9:30)の作品の安全とヒットを祈願して、鬼太郎役・沢城みゆきや目玉おやじ役・野沢雅子など主要キャスト全員と関係者含め総勢約100人が、東京・布多天神社に集まり参拝した。

【写真】アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』のヒット祈願する関係者

 同神社は、原作者の故・水木しげるさんが調布に住んでいたこともあり、境内の奥にある杜が、鬼太郎が住む森のモデルになったと言われている。この社は立ち入り禁止だが、今回は特別な許可を得て見学し、鬼太郎役の沢城は「本当に鬼太郎が住んでいそうな場所。みんなで見ることができて、幸せなスタートです」と喜んだ。

 初代・鬼太郎を演じた野沢は今作では目玉おやじ役を務め「今日、初めてみんなで集まったんですけど、すぐにパッと団結できる感じがあって、もうずっと一緒にやっているかのような感覚がありました」と団結力をアピールし「鬼太郎が長年経ってお父さんになった、家族ができた、といううれしい気持ちでいます。でも、鬼太郎っていい作品ですよ。描かれるのは、人間の世界であって人間の世界ではないじゃないですか。私たちは、その両方を見られるから楽しいですよね」と語った。

 同作は1968年に第1期放送されてから今年で50年目。6度目のアニメ化について、水木さんの妻の武良布枝氏は「改めて亡き夫水木しげるへの憶(おも)いが浮かびます。夫の93年の人生は戦争体験、そして漫画製作に精一杯打ち込んだ日々でした。4月1日から放送の予定とお聞きしております。この企画の成功をひたすら祈念し、水木共々厚く感謝申し上げます」と述べた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >