2018/02/05 19:36

『バイプレイヤーズ』あさって初回放送なのに「2話がまだ半分」 綱渡りの撮影続く

テレビ東京『バイプレイヤーズ』の試写会後取材会の模様 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研(あいうえお順)がメインキャストを務めるテレビ東京系新ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(7日スタート、毎週水曜 後9:54~10:48分、全5回※初回のみ15分拡大)の記者会見が5日、東京・六本木のテレビ東京で行われ、スケジュールの都合がつかなかった田口を除く4人が出席した。

【写真】渋さバツグン 無人島に集まるバイプレイヤーたち

 同ドラマは、2017年1月期に深夜ドラマ枠「ドラマ24」で放送された『バイプレイヤーズ』のキャストによる第2弾。前作『~もしも名脇役の6人がシェアハウスで暮らしたら~』は、日本の映画・ドラマ界に欠かせない名脇役が本人役で出演し、「よくこの豪華な顔ぶれが集まった」「おもしろい」「微笑ましい」「かわいい」「萌える!」など大反響を巻き起こした。

 新作では、どうしてもスケジュールの都合がつかなかった寺島進を除く、遠藤、大杉、田口、松重、光石の5人が再集結。それでも、何本も作品を抱えている彼らのスケジュールを合わせるのは指南の業で、濱谷晃一プロデューサー(テレビ東京)は「第1話は(予定どおり)あさって7日に放送なんですけど、第2話の分がまだまだ撮り残っておりまして、第3話以降もまだまだ撮れていない状況なので、誰かインフルエンザにかかったら、第3話の放送が1回お休みになるかもしれないくらいの綱渡りで作っております」と、真顔で現状報告していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >