2018/02/12 05:00

岡田准一、中島哲也監督と初タッグ 新作ホラーに黒木華、小松菜奈ら主役級ズラリ

岡田准一(中央)が中島哲也監督最新作『来る』に主演。共演は(左から)妻夫木聡、黒木華、小松菜奈、松たか子
 V6の岡田准一(37)が、『嫌われ松子の一生』(2006年)、『告白』(10年)などを手がけた中島哲也監督(58)5年ぶりの新作映画『来る』(19年公開)に主演することが11日、わかった。原作は、澤村伊智氏によるホラー小説『ぼぎわんが、来る』(角川ホラー文庫)。共演に黒木華(27)、小松菜奈(21)、松たか子(40)、妻夫木聡(37)と、主役級キャストが集結した。

【写真】メガホンをとる中島哲也監督

 愛する妻・香奈(黒木)と結婚式を終え、幸せな未来に胸をふくらませる田原秀樹(妻夫木)。そんな彼の会社にある日、謎の訪問者が。取り次いだ後輩いわく、「チサさんの件で」とのことだが、秀樹の脳裏に疑問がよぎる。チサとは、妊娠した香奈と喜び勇んでつけたばかりの娘の名=知紗。まだ2人しか知らないはずの名がなぜ。訪問者の正体はわからぬまま。“それ”と会話した後輩は謎の死を遂げる。

 2年の月日が流れ、“イクメンパパ”として知紗を溺愛する秀樹の周囲で不可解な出来事が起こりだす。何かに狙われているのではと恐れた秀樹は、知人の伝手でフリーライターの野崎(岡田)と、その恋人で強い霊感を持つ真琴(小松)を紹介してもらうことに。だが、真琴も“それ”を感知した途端、その強大さを思い知るのだった。そして、ついに“それ”にカタをつけるため、真琴の姉で、国内一の霊媒師・琴子(松)をはじめとした神社の神職、沖縄のユタなど、全国から猛者たちが次々に集結してくる。クリスマスの夜。「…来る」、琴子が告げ、遂に“それ”との戦いが幕を開ける。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >