2018/02/13 16:51

平昌冬季五輪、あの感動のシーンを再現 新宿駅に躍動感あふれる氷像が登場

平昌冬季五輪12日のハイライト、女子スピードスケートの氷像が完成
 女優の綾瀬はるかとプロフィギュアスケーターの高橋大輔がCMキャラクターとして出演して話題になっている、コカ・コーラの『平昌2018冬季オリンピックキャンペーン』。その応援キャンペーンの一環として、大会中に最高に盛り上がったハイライトシーンを氷の彫刻で再現する『#コーク氷のハイライト』が、12日から18日の7日間、東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードで実施されている。

【写真】氷彫刻家が現地で女子スピードスケート氷像を制作 巧みな技が光る制作風景

 コカ・コーラの『平昌2018冬季オリンピック応援キャンペーン』は、“ウチのコークは世界一”をテーマに、家で観戦するときのコーラの楽しみ方を提案しており、冷えたコーラを象徴する氷を使用したセレモニーとして氷像が展示されている。

 氷の彫刻は、前日に行われた競技のハイライトとして1シーンを再現。初日となった12日は大会公式マスコットの「スホラン」の氷像、13日(火)は、女子スピードスケートの氷像が制作された。朝6時からの展示に先立ち、現地で未明から氷彫刻家による制作がスタート。電動ドリルやチェーンソー、ノミなどの道具を巧みに使い、開始から約3時間で躍動感あふれる氷像が完成。「その場で構図を決めて、制作するのは初めて。オリンピックの試合のように一発勝負で彫るので、とても緊張しましたが、やるからには完璧を目指しました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >