2018/02/14 08:40

逃れられない芸能人の宿命、エゴサーチとのそれぞれの向き合い方とは?

エゴサーチで悩みすぎてしまったさかなクン (C)ORICON NewS inc.
 エンタテインメントの世界は“人気”が出ればその存在感も上昇し、ひとたび落ちれば、たちまち“消えて”しまうシビアな世界。芸能人と呼ばれる人にとって、周囲の反応、とりわけ一般の人々が自身に抱いている印象というのは常に気になるところだろう。ところが、近年はSNSの浸透により、知らなくてもよかった“反応”までもが本人の目に触れる機会が急激に上昇。その“反応”との向き合い方いかんでは、今後の芸能活動を大きく左右する可能性すらあるのだ。

【比較写真】どっちが本人?ウィル・スミスに扮したさかなクン

◆ネットの“匿名性”が“刺激物”へと変化 芸能人の悩みのタネに

 魚類学者でタレントのさかなクンが先日、自身のFacebookを更新した際、「(声が)うるさい」「耳障り」「雑音」といった批判的な書き込みに対して、真摯に受け止めるとしながらも「悩みすぎたら熱が出た」と胸の内を吐露し、ネットユーザーを心配させる事態となった。

 改めて言うまでもなく、ネットの世界では“匿名性”がまかり通る。ゆえに辛辣な意見が野放し状態となっている。加えて、拡散などによってそれらの“刺激物”がこれまで以上に目に留まりやすくなっているのが実情だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >