2018/04/06 08:10

EMPiRE、カセットテープ・デビューの狙い「グッズとしての価値が必要」

EMPiRE(左から)MiDORiKO、MAYU、渡辺淳之介氏、YU-Ki、YUKA、YUiNA
 女性5人組グループのEMPiREが、4月11日にアルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』でデビューする。正式リリースに先がけて1日より先行配信がスタート。配信初日は24時間限定300円の特別価格にてアルバム収録曲がデジタル販売され、4/9付オリコン週間デジタルアルバムランキングで首位を獲得。その一方で、デジタル配信が当たり前の現代において、初のフィジカル作品はカセットテープ。過激なプロモーションを行い、さまざまな異色グループを手がけてきたプロダクション・WACKの渡辺淳之介氏に、EMPiREの成り立ちからプロモーション戦略、メンバーにはデビュー目前の心境について話を聞いた。

【写真】メンバーのソロカット

◆顔出し前からフォロワー数1万人、期待の新生アイドル

 WACKとエイベックスの共同プロジェクトで誕生した5人組アイドルグループ・EMPiRE が、初のフィジカル作品となる1stアルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』を、カセットテープで発売する。WACKと言えば全裸MVで衝撃を呼んだBiSをはじめ、BiSH、GANG PARADE と、熱く、時に過激でもあるパフォーマンスでセンセーションを巻き起こしてきたプロダクションで知られる。ただしBiS、BiSHはメジャーデビューをしており、現在は過激さよりも音楽や存在感で勝負している印象だ。 WACK 所属の全アーティストを手がける渡辺淳之介氏は、EMPiREのオーディション選考基準を「ルックスで選びました」と断言する。
「インディーズ時代のBiSやBiSHは、過激なことをしても許される世界観をファンと共有していました。だけど今はあまり過激なことをすると、お客さんに嫌われてしまうようになった。それがメジャー感というものなのかもしれませんが、それなら最初からメジャーの土俵で勝負できるアーティストを手がけてみようと結成したのが EMPiRE です。同世代や少し年下の女の子たちにかっこいいと思ってもらえるグループに育てたいと思っています」(渡辺氏)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >