2018/04/06 08:10

鶴瓶&ジェーン・スー異色対談 「視聴率や聴取率から逃げたらダメ」

(左から)笑福亭鶴瓶、ジェーン・スー
 10年目を迎えた笑福亭鶴瓶がMCを務めるTBS系『A-Studio』が、4月6日より新MCとして実力派若手女優として活躍する川栄李奈を起用し、新たなスタートを切る。また、長寿番組がひしめくTBSラジオで、新鋭パーソナリティとして注目株の1人であるジェーン・スーがMCを務めるTBS系ラジオ『ジェーン・スー生活は踊る』。その両番組MCの対談が、TBSラジオクラウドで4月7日に放送される。視聴率や聴取率と向き合いながら長年愛される番組を作り続ける2人が、テレビとラジオの取り組み方の違いについて語った。

【写真】楽しそうに談笑する笑福亭鶴瓶とジェーン・スー

◆自分を出すのが難しいから、ずっとテレビが苦手だった

【鶴瓶】 今さっき他局のアナウンサーに、「これからジェーンさん会うんですよ」って言ったら「え、会いたい」って羨ましがられたんですよ。でもテレビは出ないんでしょ?
【ジェーン】 以前、深夜のテレビ番組に出させていただいたことがあるんですけど、その時にはっきりと「テレビは出たい人が出るものだ」って思いました。
【鶴瓶】 その通りですね。
【ジェーン】ラジオは、出たら面白いかもという人を出して面白くなることはあるかもしれないけど、テレビはまず「出たい!」と思っている人が出ないと場の空気が回っていかないと思って、私はスッと手を下げてしまいました。
【鶴瓶】 いずれ出るようになると思いますよ。スタッフにもよりますが、なぜ出したいのか、他では出演しない人だから出したいのでなく、ちゃんと考えてくれる人がいたらね。
【ジェーン】 鶴瓶さんはなぜラジオを長く続けていらっしゃるのでしょうか。
【鶴瓶】 僕はラジオの方が好きなんですよ。自分の原点みたいなものがそのままずっと残っていて、落ち着くんですよ。
【ジェーン】 私はどうもテレビ出演が楽しめなくて…。
【鶴瓶】 僕もずっとテレビが苦手だったんですよ。自分を出すのが非常に難しい。でも、ラジオは自分が出せる。今でもテレビでは自分をちゃんと出せているかどうかわかりませんけど。ラジオの方が、その場に1人で行ってひゅっとしゃべって帰れる。
【ジェーン】 確かにラジオは、朝起きて顔を洗って、という日常からすーっと入ってすーっと出ていけます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >