2018/04/06 12:00

音尾琢真、『孤狼の血』で強烈な存在感 “全身入れ墨”姿を披露

映画『孤狼の血』に出演する音尾琢真 (C)2018「孤狼の血」製作委員会
 俳優の役所広司が主演する映画『孤狼の血』(5月12日公開)より、音尾琢真の新たな場面写真が6日、解禁された。メガホンをとった白石和彌監督作品常連の音尾が同作で演じたのは、極道の構成員。全身入れ墨の入った姿を披露し、強烈な存在感を放っている。

【場面写真】”全身入れ墨”姿を披露した音尾琢真

 物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一(松坂桃李)は、暴力団との癒着をうわさされる刑事・大上章吾(役所)とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

 音尾が演じるのは、大上と日岡が所属する呉原東署と対立する暴力団組織・加古村組の構成員・吉田滋。一之瀬(江口洋介)が若頭を務める尾谷組の“シマ”にある「クラブ梨子」のママ・リコ(真木よう子)に迫り、怪しげな笑みを浮かべる吉田だが、先日解禁になった予告編では、全裸でベッドに縛られ、大上に刃物を突きつけられる衝撃的な姿も。「白石監督作品に参加できることは僕の生き甲斐になっているので、この上ない幸せです」と語り、白石作品にはどんな役でも出演したいという音尾。吉田の行動がきっかけで、くすぶっていた尾谷組と加古村組の抗争の火種が激化していく原因を作るなど、重要な役どころを演じている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >