2018/04/07 10:30

北川景子、初の大河ドラマは「リハーサル初日から”全て自分の責任”だった」

大河ドラマ初挑戦、現在の心境を語る北川景子。撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
 数々の映画やドラマで活躍する女優・北川景子。現在放送中の大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)では、13代将軍・徳川家定の妻・篤姫を演じている。初出演となる大河ドラマに挑戦した現在の心境と、多忙な生活の中で美しさを保つ秘訣を聞いた。

【別カット】結婚後も女優として輝きを増す北川景子

 北川が演じる篤姫は、西郷隆盛に大きな影響を与えた人物・島津斉彬(渡辺謙)の養女で、徳川家定(又吉直樹)の正室となる女性。2008年に宮崎あおい主演で大河ドラマ化され、動乱の幕末から明治期を生き抜いた女性として知られている。

■又吉は「アカデミックな方で家定とどこか似ている」

 夫となる将軍・家定をお笑いコンビ・ピース、そして作家としても活動する又吉直樹が演じると聞いた瞬間、北川は“凄くいいコンビネーションになる予感がした”と話す。注目してほしいのは、短い結婚生活ながらも、二人の間に確かにあった“愛”の部分だという。

 「二人で一緒にお花を見たり、家定さんが柿の絵を描いてる隣で篤姫がその様子をにこやかに見ているなど家定さんと篤姫のシーンはほのぼのとしたシーンが多いので、視聴者の方々の息抜きのようなものになるのではないかなと。家定は周りから“ぼんやりしている”と言われることもありますけど、実は心が優しくて絵の才能のある素敵な方。そして演じている又吉さんもお笑いもできればファッションセンスもあって、絵画にも詳しく小説も書かれているアカデミックな方なので家定とどこか似通っている部分があると感じています。政(まつりごと)がからんだ政略結婚ではありますけど、篤姫と家定さんの間にはちゃんと愛が通っていたことがわかる脚本になっているので、二人のシーンに是非注目してご覧頂けたら嬉しいです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >