2018/04/09 05:00

木村拓哉×二宮和也『検察側の罪人』 アラーキー撮り下ろしポスター解禁

荒木経惟氏が撮り下ろした映画『検察側の罪人』ポスター (C)2018 TOHO/JStorm
 俳優の木村拓哉と嵐の二宮和也が出演する映画『検察側の罪人』(原田眞人監督 8月24日公開)のポスターが9日、解禁された。「一線を、越える。」というコピーと共に、今回初共演となった2人を、“アラーキー”の愛称で知られる日本写真界の鬼才・荒木経惟氏が撮り下ろした。13日より劇場に掲出される。

【写真】ヒロイン役の吉高由里子ら『検察側の罪人』キャスト

 荒木氏といえば、日本の写真界のみならず、世界中の写真家に多大なるを影響を与えてきた日本のトップ写真家。世間的にはヌード写真家としてのイメージが強いが、スナップや風景、ポートレートまで多面性に富み、77歳を超えた今もなお、写真集を精力的に出版、写真展を開催し続け、勢いを増し続けている。

 映画ポスターを手掛けるのは、『M』(2007年)以来11年ぶり。打ち合わせの場では、木村と二宮の2人を撮るうえで、荒木氏が「年齢を重ねてきた男の“顔”を撮りたい」と提案。これまでにも市井の人々から数々の俳優まで、途方もない数の“男の顔”を撮影してきた荒木氏は、15年4月には写真展『荒木経惟写真展「男―アラーキーの裸ノ顔―』を開催し、坂東三津五郎、王貞治、赤塚不二夫、忌野清志郎、ビートたけしといった面々の計207人もの“男の顔”を展示。当時のインタビューでは「写真は顔だ、顔が一番頂点」「向かい合って真剣勝負をして、その瞬間を撮る」と語っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >