2018/04/09 05:00

GACKT、まさかの高校生役 原作者の指名に「やるしかない」

映画『翔んで埼玉』で高校生を演じるGACKT
 歌手のGACKT(44)が、映画『翔んで埼玉』(2019年公開)で18歳の高校生を演じることが8日、わかった。『パタリロ』(1978年)などで知られる魔夜峰央氏の人気漫画を実写化。ダブル主演の二階堂ふみ(23)は初の男役を演じ、共に強烈なキャラクターに挑む。

【原作カット】GACKTが演じる麻実麗

 原作は、魔夜氏が1982年に発表した作品。15年にマツコ・デラックスと村上信五(関ジャニ∞)がMCを務める日本テレビ系バラエティー『月曜から夜ふかし』(毎週月曜 後11:59)で取り上げられ、SNSを中心に一気にトレンドになり、『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)として30年ぶりに単行本として復刊された。

 魔夜氏が作品発表当時住んでいた埼玉を題材に、「埼玉から東京に行くには通行手形がいる!」「埼玉県民はそこらへんの草でも食わせておけ!」「埼玉狩りだー!」など、埼玉を卑下するような“ディスる”せりふが話題を呼び、後に続く地方ディスマンガの火付け役と言われた。上田清司埼玉県知事からも「悪名は無名に勝る」と公認(!?)のお墨付きコメントをもらっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >