2018/04/09 18:35

真木よう子、事務所独立後初の公の場 報道陣の問いかけに無言

真木よう子(C)ORICON NewS inc.
 女優の真木よう子(35)が9日、都内で映画『焼肉ドラゴン』(6月22日公開)の完成披露試写会に参加。今年1月に所属事務所を独立後、初めて公の場に登場し、報道陣から「独立した今の気分は」などと質問が飛んだが、笑顔で一礼するだけで問いかけに応じなかった。

【動画】真木よう子、意味深発言?「色々あると思うけど、笑っとけ」

 真木は1月中旬に所属していた「フライングボックス」から独立したことを同事務所の公式サイトで発表。真木は「本日はお越しいただきまして、ありがとうございます。きょうは楽しんでいってください」と笑顔で語った。

 同作のテーマは家族で、真木は「どんな境遇であってもぶつかったり本音で言い合える。これが理想の家族。最後は温かくなる映画。だいぶ前に見たんですが温かい気持ちになれた」と映画への思いを口にした。

 真木は関西弁で「万博」というフレーズが言えず、「20テイクぐらいしました」と恥ずかしそうに明かすと、大泉洋は「真木さんは素直じゃなかった。方言指導の方に怒られるとキレてる。『ちゃんと言ってる』と。だいたい揉めてましたね。方言指導の方が怖くて来られない」と暴露。真木は大笑いしながら「私はできてたと思ったもん」と否定しなかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >