2018/04/10 15:30

やけに弁の立つ神木隆之介を共演者が“ほめる”「できる限りやり尽くしました」

共演者に絶賛された“やけに弁の立つ”神木隆之介(C)ORICON NewS inc.
 俳優の神木隆之介が主演するNHK総合の新ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』(21日スタート、毎週土曜 後8:15)の第1話試写会が10日、東京・渋谷の同局で行われ、神木と共演した南果歩らが「やけに弁の立つ神木隆之介」を絶賛した。

【全体ショット】岸井ゆきの、南果歩らも出席した会見の模様

 同ドラマは、いじめ、体罰、モンスターペアレント、教師のブラック労働…など崩壊寸前の教育現場に立ち向かうスクールロイヤー(学校弁護士)が主人公。神木演じる新人弁護士・田口章太郎が、法律を武器に学校問題と格闘するなかで、教師や生徒と体当たりで向き合い、傷つきながら成長していく、いまの時代を映した学園ヒューマンドラマ。

試写会には、第1話で保護者から体罰問題で抗議を受けて悩む新人教師・望月詩織役の岸井ゆきの、事なかれ主義の校長・倉守賢三役の小堺一機、田口が所属する弁護士事務所のボス・高城英子役の南果歩が出席した。

 初めて弁護士役に挑戦した神木が、「精一杯できることはやった。法律用語が難しくて、今まで言ったことがない単語がたくさん出てきますし、法律なので“てにおは”や接続詞を間違えてもいけないので、かんじゃったりしてNGも出しましたが、できる限りやり尽くしました」と謙虚に語ると、小堺は「NG出したといっても、ドライ(カメラなしのリハーサル)の時ですよ」と補足。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >