2018/04/12 08:40

“地獄を見た”安達祐実、「子役ジンクス」を打ち払った“生々しい演技”の凄み

苦しみの20代を糧とし、“大人の女優”として注目作にも多数出演する安達祐実 (C)ORICON NewS inc.
 1月に日曜劇場『99.9』(TBS系)の第3話が放送された際、事件の目撃者役を演じた女優・安達祐実の演技がスゴイ!とネットで話題になった。かつて子役として一世を風靡しながら、その後は子役イメージからの脱却に苦しんだ安達。しかし、昨今は苦しみの20代を糧とし“大人の女優”として注目作にも多数出演。確かな存在感を提示している。“地獄を見た”彼女の女優としての転機は? ファッションアイコンとしても注目される安達の新たな魅力とは?

【画像】“変わらない”美少女 安達祐実の可愛いセーラー服姿

■“上昇志向”の強い母との二人三脚でデビュー 国民的人気子役ゆえの“呪縛”も

 安達のモデルデビューは2歳、舞台は子育て雑誌だった。1991年には「ハウス食品・カリー工房」のCMに出演し、「具が大きい」のフレーズが流行語にもなった。そして12歳のときに主演した『家なき子』(日本テレビ系)が最高視聴率37.2%を記録するというお化けドラマになり、ヒロイン・すずの劇中セリフ「同情するなら金をくれ!」は新語・流行語大賞を受賞する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >