2018/04/13 08:00

爆問・太田光も大注目! 九州KBCの還暦アナ・沢田幸二がラジオで放つ超高速の毒舌

KBCの沢田幸二アナウンサー(C)ORICON NewS inc.
 爆笑問題・太田光がレギュラーのラジオ番組『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ・毎週火曜 深1:00)を中心に“ラジオ愛”をさく裂させている。PCやスマホなどでラジオを聞けるサービス「radiko.jp」で、全国のラジオ局の番組をエリアフリーで聞くことができる「エリアフリー機能」(2014年4月開始)と1週間以内なら無料で聞き返せる「タイムフリー機能」(16年10月開始)を駆使して、地方の魅力的な番組を次々と発掘し、番組内で紹介。標的となった番組側も反応し、地域を越えた交流が繰り広げられてきたが、今ひとつリアクションが鈍いパーソナリティーがいた。KBC九州朝日放送のエグゼクティブアナウンサー・沢田幸二(60)だ。

【写真】昼のワイド帯番組『PAO~N』木曜日の放送に潜入

 太田が注目したのは、沢田アナがおすぎ、松村邦洋といった魅力的な各曜日のパートナーとともに放送する昼のワイド帯番組『PAO~N』(月~金 後1:00)。番組冒頭の51秒間に“前ピン”で、コーナー紹介も兼ねながら自身がピックアップした芸能ニュースを超早口で一気読み。忖度一切なしの強烈な“猛毒”に、太田も衝撃を受けたが「ちょっと言えないから、どんな感じなのかは番組を聞いてみて」と詳細を話すのをためらうほど。還暦を迎えて同局としては異例の“役員待遇”のアナウンサーながら、今なおリスナーの胸をざわつかせる放送を続ける沢田アナに、前ピンを始めたきっかけ、太田からの愛情に反応がうすい理由、ラジオへの思いなどを聞いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >