2018/04/13 10:33

『警視庁・捜査一課長』初回2時間スペシャル12.7%、好スタート

テレビ朝日木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長』主演の内藤剛志(C)テレビ朝日
 俳優の内藤剛志が主演するテレビ朝日系ドラマ『警視庁・捜査一課長season3』(毎週木曜 後8:00)の初回2時間スペシャルが12日(後8:00~9:48)に放送され、番組平均視聴率12.7%、最高で15.0%(後9:15)を獲得し、同時間帯トップの好スタートを切った。

【場面写真】第1話より、中学生時代の谷中萌奈佳

 同ドラマは、ヒラから這い上がった“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤)と捜査員たちの熱き奮闘を描く。『season3』では、鋭い洞察力を武器に一課長の右腕となる谷中萌奈佳(やなか・もなか)役の安達祐実と、長年の主夫経験から得た“女子力”を駆使する“運転担当刑事”奥野親道(おくの・ちかみち)役の塙宣之(ナイツ)がレギュラーに新加入。内藤と安達が連続ドラマでは23年ぶりにタッグを組むことも話題を呼んでいた。

 番組冒頭では、『season2』で運転担当刑事をしていた刑部公平(田中圭)が「新しい部署で夜遅くまで頑張っているようです」、2012年7月に『土曜ワイド劇場』からスタートした当初から「大福(だいふく)」のあだ名で活躍していた平井真琴(斉藤由貴)は「警察庁に出向」と近況が報告され、シリーズのファンを喜ばせた。ちなみに田中はこの4月期、同局の新ドラマ『おっさんずラブ』(21日スタート、毎週土曜 後11:15)で「夜遅く」に頑張ることに。斉藤については、「大丈夫かなあいつ」(小山田管理官/金田明夫)「“だいふく”のことだ、いつもの調子でやっているよ」(大岩一課長/内藤)とせりふが温かった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >