2018/04/15 06:00

4時間生放送『爆笑問題の日曜サンデー』10周年 密着取材で感じた爆笑問題の“ラジオ愛”

『爆笑問題の日曜サンデー』10周年記念放送に密着(C)TBSラジオ
 今年でコンビ結成30周年を迎える爆笑問題にとって、ライフワークとなっているのが“ラジオ”。昨年は、毎週月曜から土曜の深夜1時から2時間にわたって放送されているTBSラジオの人気枠「JUNK」の火曜『爆笑問題カーボーイ』が20周年。そして、今年4月には同局のもう一つのレギュラー番組『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日曜 後1:00~5:00)が10周年を迎えた。直前にはテレビの『サンデー・ジャポン』(毎週日曜 前10:00~11:22)に生出演し、そのままラジオで4時間の生放送。ラジオとテレビを兼営しているTBSの強みをフル活用している2人の様子に迫るべく、8日の10周年記念放送に密着した。

【画像】爆笑問題30周年記念単独ライブのタイトルが『O2-T1』に決定

 本番が始まる30分前に記者がスタジオを訪れると、すでに2人の姿があった。田中裕二は、リスナー参加の企画「田中裕二のサンデー競馬小僧」の予想をするため、スポーツ新聞の競馬面を広げて、真剣な表情で予想に励み、太田光はノートパソコンとにらめっこしながら作業を行っている。アシスタントを務める同局の江藤愛アナウンサーは“ある雑誌”を片手に到着。『TVガイド』などのテレビ情報誌を発刊する東京ニュース通信社による『別冊TV Bros. TBSラジオ全力特集』だ。同誌に江藤アナが爆笑問題に宛てたメッセージがあるため、江藤アナから2人に直接手渡し。太田が早速ページを開き、じっくりと読み込む姿がブースの外から確認できた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >