2018/04/17 12:00

『半分、青い。』でヒロイン鈴愛の親友・菜生演じる新進女優・奈緒「健さんと矢本さんは…カワイイです」

朝ドラ『半分、青い。』にヒロインの親友役で出演中の新進女優・奈緒(撮影/厚地健太郎)
 放送中の『半分、青い。』(NHK)にて、ヒロイン・永野芽郁演じる楡野鈴愛の親友・木田原菜生役を演じている女優・奈緒。永野芽郁、佐藤健、矢本悠馬ら、実績も豊富なキャストに交じって、高校生編のメイン4人の1人に大抜擢された新進女優だ。高校生編が本格的にスタートした今、放送前に奈緒に聞いた、撮影現場の共演者とのエピソードや、菜生役や女優への想いについてのインタビューを紹介する。

【写真】新進女優・奈緒の写真

■木田原菜生役・奈緒インタビュー

――『半分、青い。』がクランクインしたときの感想を教えていただけますか?

「木田原菜生という役はポニーテールとリボンがトレードマークなんですが、全部ヘアメイクをして、服も着替えて、衣装を着たほかのキャストさんと会ったときに、スタートしたんだなという感じがしました。最初が岐阜編の中盤ぐらいまで進んだ卒業式の日のシーンの撮影だったんですが、クラスメイト同士のシーンなので、監督も“じゃあ自由にどうぞ”という感じで、クラスの仲間でわちゃわちゃと写真を撮り合ったりする演技を、結構自由にやらせていただきました。永野芽郁さん、佐藤健さん、矢本悠馬さんとはもちろん顔合わせはしているんですが、一緒に演技をするのは“初めまして”に近かったので、キャスト同士で空気感を作れたことが、結果的に良かったなと。これが始まりなんだなって感じました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >