2018/04/29 15:16

赤字なのに毎年開催? 『超会議』運営に聞く、今後の“課題”と“展望”

幕張メッセで開催中の『ニコニコ超会議2018(超会議)』 (C)oricon ME inc.
 “みんなで作る日本最大級の文化祭”をテーマにした『ニコニコ超会議2018(以下、超会議)』が28日、幕張メッセで開幕。幕張メッセの全ホールを使用して開催される同イベントは、ニコニコ動画の人気コンテンツ、歌ってみた、踊ってみた、演奏してみた、ゲーム実況などをリアルに体験できる超巨大イベント。昨年は会場来場者15万4601人、ネット来場者505万9967人を動員した一方で2012年の開催以来、過去一度も“黒字になっていない”という歴史も…。そこで今回、本イベントの運営を務める株式会社ドワンゴの広報・海老原さんに『超会議』の見どころと、気になる“赤字”問題について話を聞いた。

【写真】“竹書房を破壊”する『ポプテ』企画など、見どころ満載の『超会議』

■『ポプテピピック』の“クソネタ”を再現 画面の中に入れる“追体験”の場を提供

 2012年に初開催し、今年で7回目を迎えた『超会議』について海老原さんに聞くと「今年は、テクノ音楽と最新テクノロジーを仏教に掛け合わせて生まれた『テクノ法要』。そして、話題のバーチャルYoutuberにお悩み相談ができる体験型ブース『バーチャルYouTu"BAR"』などが初企画。ぜひ体験してほしいです」と説明。2つはともに“日本発”のカルチャーだが、まだまだ知名度の低いコンテンツ。海老原さんは「毎年、日本のいろいろな文化を垣根なく取り入れて開催しています」と、その企画意図を教えてくれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >