2018/05/04 21:00

赤い公園、新ボーカルは元アイルネ石野理子 「まさかの」「そう来たか」と沸く

元アイドルネッサンスの石野理子(前列中央)を新ボーカルに迎えた赤い公園 Photo by Hajime Kamiiisaka
 昨年8月末にボーカルの佐藤千明(25)が脱退した女性ロックバンド・赤い公園が4日、さいたまスーパーアリーナで行われたロックフェス『VIVA LA ROCK 2018』に出演。新ボーカルとして、2月末に解散したアイドルネッサンスの石野理子(17)が加入したことを発表し、新体制初のステージで新曲「スローモーションブルー」を含む7曲を演奏した。

【写真】昨年8月に脱退し、ソロに転向した佐藤千明

 赤い公園は高校の軽音部の先輩後輩関係だった4人で2010年に結成し、12年2月にメジャーデビュー。昨年8月いっぱいでボーカルの佐藤が脱退してからは、津野米咲(26、G)、藤本ひかり(25、B)、歌川菜穂(25、Dr)の3人で活動を続けてきた。

 一方、新ボーカルの石野は、ソニー・ミュージックアーティスツが創立40周年で初のアイドルグループとして2014年に結成したアイドルネッサンスのメンバーとして活動していたが、今年2月末に解散したばかり。メインボーカルを務めていた石野は、PerfumeやBABYMETALのSU-METALら多くのアーティストを輩出しているアクターズスクール広島出身。アイドル界トップクラスと評判だった抜群の歌唱力が評価され、2016年には地元のMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島で広島対阪神戦前に国歌独唱したこともあり、今後の動向が注目されていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >